転職を決めたきっかけは?リアルな転職体験談集めました!

年代別・男女別・職業別で転職を決めたきっかけを調査した転職体験談を集めてみました!転職経験者からリアルな転職話をインタビューしましたので、これから転職しようとしている方に少しでもお役にたてればと思います。

Do You Wanna a New Job?

年代別転職体験談

20代の転職体験談:上司に恵まれずやりがいを感じない仕事へ見切りをつけ転職を決意!

f:id:tmkai2:20171110232953j:plain

転職前の職業情報

  • 転職時の年齢:27歳
  • 性別:男性
  • 利用した転職サイト:Green
  • 職業:広告のコンサルタント
  • 職種:企画職
  • 従業員数:60名
  • 年収:320万円
f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

転職後の職業情報

  • 職業:WEBディレクター
  • 職種:企画職
  • 従業員数:80名
  • 年収:400万円

 

転職前の仕事内容と辛さ

f:id:tmkai2:20171017010015j:plain

転職する前の仕事の内容は、インターネット広告のコンサルティングを行っていました。

具体的には、ディスプレイ広告の運用 、運用実績レポーティング 、解析ツールを使ったサイトの分析 、バナーなどのクリエイティブの提案 、先への説明 などを行っていました。

この仕事の辛いところが、業務の殆どが単純作業で、しかも労働時間が長いことです。

特にレポーティングがひどく、深夜12時を回っても終わらないこともありました。

自分は、会社の近くに住んでいましたが、終電があるから帰れる同僚を羨ましいと思いながら仕事をしていました。

しかも、時間があればお客さんにもっと色々な提案ができそうなのに、作業だらけで何も良い提案が出来ない状態が多かったです。

しかも、提案ぐらい出せと上司に指摘されるのも辛かったです。

転職をしようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20171110232240j:plain

業務改善を提案して、上手くいったときのことです。 自分が行った業務改善で、仕事を終える時間が大幅に改善するという出来事がありました。

そのぶん早く帰れる様になりましたが、空いた時間を使ってお客さんに提案する時間を作れるようになったのですが、新しく出した提案がことごとく上司に断られました

私の提案内容がダメなんだろうと思いましたが、ある時部長に話をする機会があり、過去の提案を話した所、部長は全く話を聞いておらず、私の提案は上司でとまっていることがわかりました。

しかも私の提案は部長から評価して頂けるものが多くありました。

正直、こんな人がいる会社で働きたくないと思い、不信感の我慢が出来なくなり転職を決意しました。

転職中から採用まで、一番苦労したことや対処方法など

f:id:tmkai2:20171114000401j:plain

転職活動自体はスムーズに行きました。

景気が良かったので、どこの偉業も人を欲しがっていたんだろうと思います。

私は中小企業に所属していたため、業界最大手の企業は応募の段階で落ちてしまっていたのが、ある意味苦労したことかもしれません。

大手に入るには、あまりにも実績が足りなかったんだと思います。

そういった企業は、早々に見切りを付けて、次のステップにいける、自分のレベルに合った会社を中心に受けていきました。

その方針が上手くいったのか、基本的に面接もスイスイ進み、内定も5社からいただけました。

面接の時も、ちょっと答えにくい質問もありましたが、なるべく前提条件になることを質問してから、整えてから返答することで問題なく切り抜けられました。

転職後の仕事の様子

f:id:tmkai2:20171017235224j:plain

転職後の職場は、非常にフレンドリーな人が多い会社でした。

今では、休みの日に同僚や先輩と飲みに行ったり、遊びに行っています。

仕事の内容も、単純作業が少なく頭をつかう場面も多いためやりがいがあります

しかもお客さんとしっかりと向き合った仕事ができるため、よく「ありがとう」を頂けることが多いです。

数字のノルマはありますが、数字は積み上げ式の商材なので、頑張れば頑張るほど目標達成はしやすい環境です。

さらに、前の会社では賞与が無かったのですが、今では賞与があり、結果を出したときのボーナスの金額に驚きました。

あんなに大金をもらったのは始めてだったので、今でも感動しています。

転職経験を振り返って

f:id:tmkai2:20171017010115j:plain

転職して本当に良かったと思います。

前の会社に今でもいると考えると、自分のキャリアは終わったんだろうなと思います。

また、転職活動自体も良い機会だと思います。

履歴書や職務経歴書を書く時に、自分の経歴を振返ることが出来ます。

振返ることで、自分のスキルを棚卸しが出来、自分の市場価値を知ることが出来ます。

さらに、転職活動の時に合う、現場の社員との面接も非常に刺激的です。

話をしていると、職場風景のことも聞けますが、自分にとってプラスになる情報も多く聞くことが出来ます。

ある意味情報収集の場として活用することも出来ます。

これから転職活動する人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20171115001716j:plain

見切りは早めに付けたほうが良いです。

転職市場は、年齢を重ねる毎に実績が伴わなければいけません。

そのため、今の職場にダラダラ過ごしていると、気がついたら窓際社員の用になってしまうこともあると聞きます。

今では、転職回数は見られていないと言われていて、転職回数よりも、実績が重視されるようになっているらしいです。

逆に、長く居ることで、その会社にすがりついている人とみられることもあると聞きます。

今の会社で実績が積めないようなら、まず試しにどこかの会社の面接を受けてみて、自分の環境以外の情報を集めて、自分を客観的に見つめ直してみると良いと思います。

 

拘束時間の長く仕事量の多い日々でしたが自分なりにアイデアを出したり・・・と努力されていたのですね。しかし上司に恵まれず大変悔しい思いをされたと思います。

自分は特別な長所がないから転職なんてやめよう・・・そんなあなた!ぜひあきらめないで転職へ一歩踏み出してみませんか?同業種でも異業種でも自分を生かせる仕事は必ずあるはずです。転職は自分を見つめなおせるいい機会です。自分の長所短所、好みなど徹底的に向き合いましょう!転職先を探す際にきっと役に立ちますよ!