転職を決めたきっかけは?リアルな転職体験談集めました!

年代別・男女別・職業別で転職を決めたきっかけを調査した転職体験談を集めてみました!転職経験者からリアルな転職話をインタビューしましたので、これから転職しようとしている方に少しでもお役にたてればと思います。

Do You Wanna a New Job?

年代別転職体験談

20代の転職体験談:仕事に追われプライベートもない職場へ見切りをつけ、将来を考え地方での転職が成功!

f:id:tmkai2:20170929235119j:plain

転職前の職業情報

  • 転職時の年齢:27歳
  • 性別:女性
  • 利用した転職サイト:マイナビ、リクナビ
  • 職業:レジャー業
  • 職種:営業職
  • 従業員数:500名
  • 年収:400万円
f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

転職後の職業情報

  • 職業:小売業
  • 職種:営業職
  • 従業員数:200名
  • 年収:400万円

 

転職前の仕事内容と辛さ

f:id:tmkai2:20171119131720j:plain

転職前は、レジャー施設への団体客誘致の営業をしていました。

辛かったことは、まずしっかりした営業研修もなく見様見真似での業務だったことです。

先輩方とチーム制だったものの、担当替えが頻繁で社内異動も多く、すぐに自力での業務になりました。

また学ぶことは大切ですが、基盤がない不安と自信のなさは常にありました。

二つ目は、担当案件が多く毎日終業時間が遅かったことです。

営業周りから帰るのが定時くらいで、そこから事務処理を行うため帰宅はいつも遅く生活のほとんどが仕事に支配されている感覚でした。

仕事の特性上、土日にお客様が動くため休日も携帯が手放せず、常に仕事のことが頭にありリフレッシュ出来る時間がありませんでした。

転職をしようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20171115235755j:plain

20代後半になり、これからの人生をどう歩んで行きたいかを考え出したことがきっかけです。

具体的には、これから結婚や子育てになった時この会社で続けられるのか疑問に思いました。

新しい働き方をするにも、新しい場所に飛び込むにも、20代後半という年齢は一つの区切りであり、女性にとっては転職するタイミングはそう多くないと思いました。

また、このまま東京で働き続けて結婚した場合、地方にある実家には二度と帰ることはないと考えると、また両親と過ごしたいという自分の気持ちに気付きました。

いつか、と思っていたらそのいつかは来ない。

そう思い、今だと決断しました。

自分のやりたいこと、やり残したこと、どう過ごしたいかを考えた時、20代後半はもうこれ以上先延ばしにしてはいけない時だと思ったのが大きなきっかけです。

転職中から採用まで、一番苦労したことや対処方法など

f:id:tmkai2:20171011233802j:plain

東京から地方への転職で、働き方の絶対数が圧倒的に少ないのが一番の難点でした。

東京のような福利厚生が整った会社は少なく、働き方も昔ながらのところがほとんどでした。

対策としては、企業探しのツールを使い分けたことです。

大手企業はマイナビ、リクナビなどの転職サイトを活用しました。

地元の中小企業は、ハローワークに頻繁に通うようにし、更新される情報をいち早く得られるようにしました。

ハローワークの求人は、良いものはどんどんなくなってしまうので、鮮度のある情報を得るようにすることがポイントだと感じました。

全ての条件で納得出来る企業を見つけるのは難しいと理解出来たのは、多くの情報を得られたからです。

その中で、妥協出来ない条件を絞りながら企業を選びました。

転職後の仕事の様子

f:id:tmkai2:20170912112939j:plain

転職活動を経て、地元では名前の通った企業に就職することが出来ました。

最初の職種は出張が多く未経験の仕事でしたが、何よりも人に恵まれ周りの助けを受けながら働くことができました。

前職で厳しい条件の中働いていたので、自分のキャパシティが広がっていたのは前職のおかげだと強く感じています。

部署が異動になり営業職をすることになりましたが、ここでも前職の経験を活かすことが出来、仕事内容にも恵まれました。

厳しいノルマや残業もなく、女性が働きやすい環境のため、将来も見据えて働けています。

転職経験を振り返って

f:id:tmkai2:20170907234420j:plain

転職経験を振り返って、一番に言えるのは自分にとってとてもいいタイミングで転職を決断できたということです。

新卒で入社し、仕事にも慣れてきて後輩も出来、この先どう働いて行こう、どう生きていこう、と考えた時、20代後半は色んな選択肢がある時だと思います。

しかし、逆に言えば選択しなかった道が消えていくときでもあります。

その時に何も考えずにダラダラと流されるのではなく、自分と向き合い将来を考える機会としても、転職経験はとても有意義なものになりました。

これから転職活動する人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20170907160126j:plain

転職活動は、して損はないと思います。

私は、実際に転職する前にも一度転職活動をしたことがあります。

その時は、ただ今の会社が嫌だ、という漠然とした思いで、もっと楽に働けるところはないかなという短絡的な気持ちで活動を始めました。

もちろんどこの企業も受かるはずもなく、そんな中で自分がまだこの会社を離れる決意が出来ておらず、またしっかりとしたビジョンも持てていないことに気付きました。

これは、転職活動を通して自分と向き合えたいい機会でした。

それと同時に、他社を知り他社で働く方と接する機会としてもとても貴重です。

転職活動をするか悩んでいる方は、とりあえず始めてみるといいと思います。

 

仕事に追われる毎日で気の休まることがなく辛かったことでしょう。仕事がプライベートまで影響を与えてきたことでストレスは相当のものでしたね。

将来の自分の姿、家族のスタイルなどライフプランによって転職を考える人は多いです。それを叶えることのできる自分の理想の職場を見つけたいですよね。なかなか転職に一歩踏み出せない人はまずは転職サイトへの登録をしてみませんか?仕事をしながら探すことも可能です。前向きに少しずつ一歩一歩進んでいきましょう!