転職を決めたきっかけは?リアルな転職体験談集めました!

年代別・男女別・職業別で転職を決めたきっかけを調査した転職体験談を集めてみました!転職経験者からリアルな転職話をインタビューしましたので、これから転職しようとしている方に少しでもお役にたてればと思います。

Do You Wanna a New Job?

年代別転職体験談

30代の転職体験談:家庭環境の変化で転職を決意!一からのスタートでしたが働きやすい転職先です!

f:id:tmkai2:20170927161242j:plain

転職前の職業情報

  • 転職時の年齢:32歳
  • 性別:女性
  • 利用した転職サイト:indeed
  • 職業:グループホームと有料老人ホームのケアマネージャー(掛け持ち)
  • 従業員数:15名・40名
  • 年収:それぞれ100万円で合計200万円
f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

転職後の職業情報

  • 職業:居宅介護支援事業所のケアマネージャー
  • 従業員数:企業全体5000人・事業所3人
  • 年収:240万円

 

転職前の仕事内容と辛さ

f:id:tmkai2:20171020011305j:plain

月8日契約の施設を二つ掛け持ちしていましたが、どちらも介護施設のケアマネージャーという職種で仕事内容もほぼ同じでした。

ただ、この施設ケアマネというのは非常に現場での地位が低く、給料だけが高くて何もしないと思われがちです。

実際のところも、介護保険の制度上、この職種がいないと会社は三割の収入源になるのでそのために雇っている意識もあります。

本来であれば専門職としてやらなければならない仕事はたくさんあるのに現場での理解が薄く、暇なら介護の現場を手伝えといわんばかりに、どちらの職場でもほぼ介護職のように働いていました

やりたいことがあっても現場の仕事に追われ進まず、そのための時間も充分にもらえなかったのがつらかったです。

転職をしようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20171020011518j:plain

どちらの職場も家からドアtoドアで一時間半かかりました。

それは承知の上で働いていたのですが、やはり通勤時間はもったいないと思うようになりました。

子供が小学校に上がる際に、子供の登校時間に家にいたいと思い、退職を言い出したのが一番のきっかけです。

あとはやはり掛け持ちでしかも扶養内の年収は超えていたので、国民保険であることも将来的に不安でした。

そのほかには上記のように現場の理解が薄く、専門職であるにもかかわらずその仕事が充分にできないこと、このままではせっかく取得した資格を生かせないと思ったことも理由のひとつです。

現場仕事に組み込まれていたことで、子供の病気で休んだりするときとてもいやな顔をされたのもつらかったです。

転職中から採用まで、一番苦労したことや対処方法など

f:id:tmkai2:20171020011719j:plain

比較的スムーズに転職はできたと思いますが、やはりいろいろと考えました。

今働いているのは居宅介護支援事業所のケアマネ、いわゆる在宅で生活されているかたのケアプランを立てるための仕事です。

前職は施設にいる人のケアプランを立てる仕事。

詳しく言うと長くなるので省きますが、仕事内容は全く違います。

施設での経験はまったく役に立たず、経験者としてみてもらえることもないです。

ですので、施設での経験はあっても、未経験初心者、というくくりでの職探しになりました。

やはりどこも経験者を募集しているので、初心者でも大丈夫という応募先を探すところが一番苦労しました。

あとは家から近いことが第一条件。

ですので、転職を決意してからは家の近隣の事業所を調べて回りました。

転職後の仕事の様子

f:id:tmkai2:20171020011700j:plain

無事に未経験可、家から自転車で15分、勤務時間も短い理想的な職場を見つけ、無事に採用されました。

しかし全くの未経験の上に、今までと勝手が違う職種

あれほどいやだった介護の現場が懐かしくて仕方がなく、何度も辞めようと思いました。

だんだん仕事が楽しくなってきたのは、顧客も増え、認定調査の研修を受けてできる仕事の幅が増えてからです。

それまでは電話番や書類の整理、営業活動だったので、楽しいと思うことは全くありませんでした。

転職経験を振り返って

f:id:tmkai2:20171004154312j:plain

資格はあるけど経験はない、しかも前職は仕事内容や会社の待遇には不満はありましたが、非常に職場のみんなが仲が良くて居心地が良かったので、辞めることに抵抗がありました。

でもあの時勇気を出して退職し、少しでも若いうちに次の新しい仕事に移ることができてよかったと思います。

次を最後の仕事とまでは言わなくても、長く働きたかったので、面接の際には譲れない条件は正直に話しました

それでも採用してもらえてよかったと思います。

これから転職活動する人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20170926234930j:plain

私のいる介護業界では、転職は珍しいことではありません

みんな近くの事業所を渡り歩いたり、引き抜きやスキルアップでの転職がざらにあります。

一般的にはないことだと思いますが、「転職したので」と挨拶に来て、同じ名前で違う会社の名刺が何枚もあったりします。

私自身も転職に関しては数多くしており、全く抵抗はないです。

今は終身雇用の時代でもないですし、大切なのはやりたいことができる会社で働くこと、休職期間は長くあけないことだと思います。

転職をマイナスに取らず、ポジティブに自信を持って活動してください

 

2つの職場を行き来する生活は精神的にも体力的にもきつかったことでしょう。

ご自身の家庭や立場の変化で働き方も変化することはめずらしいことではありません。むしろ変えていかなければ仕事に対するモチベーションも下がっていってしまいます。転職に迷っているそこのあなた。思い切ってあなたの希望に沿った転職先を探してみませんか?